Monday - Friday:9:00 - 17:00

Tel:400-636-5886 | 18642878560

中文|English|日本語

ビジネスアナリシス専門家 認証 PMI-PBA®認証


ビジネスアナリシス(Business Analysis)= Why to Do+ What to Do


要件分析と需要管理より奥深く、充実な探索の旅をあなたへ

1. 要件分析と需要管理スキル=Do Thing Right(正しいことをする)

          ビジネスアナリシススキル=Do Right Thing(正しいことを行う)

2. ビジネスアナリシスよりビジネスの需要を明らかにし、あなたに斬新の視点と考え方をもたらします

3. ビジネスアナリシススキルを身につけると、有效的なソリューション力を高め、プロジェクトのために理想的なビジネス価値をもたらします

 PMI-PBA 認証

専門の方がビジネスアナリシス領域における能力を認証します

これらのツールとスキルによって、プロジェクト全体の成功率を高めます

極めて高い知名度を持ち、専門の方が企業の要求を満たせるようにサポートします。

 2017 年6 月まで、中国大陸地区で認証を受けた PMP 人数はすでに 18 万人を超えた。将来では、ビジネスアナリストは極めてポテンシャルが高く、職場のエリートにおける能力を認証する資格になります。

米国労働統計局のある統計データによると、「ビジネスアナリシス」という職位は2022年になると19%を増える見込み。

PMI-PBA認証の価値:

1. マクロレベル:自己の世界から飛び出して問題を考える。

2. マクロとミクロとの中間レベル:自分の立場から問題を正しく捉える。

3. ミクロレベル:深く自分のことを理解して問題分析を行う。

PMI-PBA認証対象:

アジャイルチームメンバー、ビジネスアーキテクト、ビジネスプロセスアナリスト、ビジネステーマ専門家、

データ、機能、操作、システム或いはユーザーエクスペリエンスアナリスト

企業ビジネスアナリスト、プロダクトマネージャー或いはプロダクト所有者、プロジェクトマネージャー、

デマンド、ソフトウェアデマンド、システム或いは価値エンジニア、デマンドマネージャー

なぜ鼎達TMでPBAを学ぶのか?

1. 業界初「実践型」スタジオという授業形式を開発した。二人の講師は実践経験が豊かな大物となっており、抜群な授業効果を保証します;

2. 精品制少人数クラスを設けます。研修式学習、ケーススタディー型講義を採用し、理論学習と実践を兼ね備え、証書を獲得しながら実践経験も身につけます;

3. 学員のために試験にピッタリな過去問データベースを用意し、合格率は長年で極めて高くなっています;

4. 全過程きめ細かい「家政婦式」サービスより、細かく試験申請のプロセスを指導します。定期的に充実な活動を開催し、学員がPDU単位への需求を満たせます。;

             5.40時間のPDU証明書を発行し、PBA試験に必要な35時間研修証明を発行する)。

研修及び試験時間、研修費用、研修場所、研修人数

研修時間: 6日2晚(4日2晚の実践演習、1日試験直前解説、1日模擬試験)

カリキュラムスケジュール         

スケジュール               

コース内容                

7月3-4日                

9:00--17:00                

理論レッスン

                

18:00--20:00                

実践演習

                

7月17日、7月18日                 

9:00--17:00                

理論レッスン

                

18:00--20:00                

実践演習)

               

8月14日                

9:00--17:00                

知識解説

                

8月15日                

9:00--17:00                

模擬試験

             

試験時間:2021年9月4日

研修場所:ジーホテル


研修費用:6500元/人(ビジネスアナリシス実践ガイド及び講義、2000題、お茶休憩を含む)

PMI-PBA認証研修内容:


カリキュラムの章               


       章のタイトル

      


                           詳細内容                

第1章                

序言  


前書き、本の目的、ビジネスアナリシス、需要、及び各章の主な内容について概括した。

           

第2章                

需要評価(5つの任務)

需要、即ちプロジェクトはなぜ行うのかについて述べる。Whyに関する問題を触れる。

チーム分けして実践演習を行う。ビジネス価値の角度からプロジェクトにおける交付の価値について分析した           

第3章                

(6つの任務を企画)  

ビジネスアナリシス企画、どのようにビジネスアナリシス活動を行う。Howについて検討した。

チーム分けして実践演習を行う。今の需要を収集、整理して、潜在的な需要を掘り下げ、企画する             

第4章                

(8つの任務)を分析する

デマンドマネジメントの中核過程、需要に対する啓発と分析とは何か、交付した成果と問題解決の角度からWhatを述べる。

チーム分けして実践演習を行う。需要のスタンダード化とモデリング             

第5章                

追跡と監督(5つの任務)    

追跡と監督はデマンドマネジメントの全過程を徹する。

チーム分けして実践演習を行う。デマンド評価、デマンド分解とデマンド追跡             

第6章                

(4つの任務)を評価する

ソリューション評価、どのような考え方で、どのように評価し、何を評価するのか。ソリューションが適切か、代替案を実施するのか。

チーム分けして実践演習を行う。デマンド向けの「検収テスト方案」を制定、評価する

             


认证考试要求:

PMI REPアジャイルプロジェクトマネジメント研修を受け、35PDUを獲得すること。

私達は以下のような方を求めています:

5年以内で7500時間以上のプロジェクトマネジメント経験を持つこと。或いはPMP®、PGMP®認証者になっていること;

通常のプロジェクトマネジメント経験以外、過去3年以内、すでに4500時間のアジャイル方法を採用したプロジェクトチームに参加したことがある。

讲师介绍:

 王老师图片2.png

19年の就業経験を持ち、商品開発管理とプロジェクトマネジメントの専門家、業界で有名な講師とコンサルタント

中国ソフトウェア協会(CSPIN)専門家委員会委員

 NPDP、CSM、CSL、CBAP、PMP等複数項の認証を受けており、6 sigma黒帯

中国ソフトウェア協会2014年度「中国ソフトウェアエンジニア年度人物」7位受賞者の一人

中国ソフトウェア業界サミット(TID)第1回大会プロデューサー、第3、第4回大会執行主席

「柔軟性があるソフトウェアプロセス体系(DPD)」の創始者