Monday - Friday:9:00 - 17:00

Tel:400-636-5886 | 18642878560

中文|English|日本語

技術マネジメントコース

コース名 コース内容 コース収益
ITIL4 業界でトップレベルのITサービスマネジメント方式、業界で最先端のITマネジメントの実践状況を理解する
ITの計画から実施、運営まで有効的に行い、コストを下げ、より高いITサービスを提供できるようにする
業績評価とITサービスマネジメントを制定するプロセルとツールについて把握する
顧客満足度を高めるためには、必要なスキルを不足している。国際最新のITマネジメント理論と関連するスタンダードを把握する。伝統的な技術思考モデルから解放し、アーキテクチャとプロセス管理能力意識を形成する。異なる業界の情報化の違いを理解し、業界情報化のお手本的存在になるという自信を確立する。理論と実践と結びつけ、一対一の研修と交流を行い、深く典型的な企業成功の事例を理解する
TOGAF9 企業アーキテクチャTOGAF9の概況、目標、業務、情報システムと技術、開発方法、企業アーキテクチャ連続シリーズ、アーキテクチャ内容とメタモデル、アーキテクチャ開発の方法とガイド、アーキテクチャ能力レイアウト等TOGAF9に関わる最新の内容を学べる。そして実例分析と授業を通じ、TOGAF9アーキテクチャの中核的な内容を理解し、それらの中核的な内容が応用するケースに対して分析、討論を行い、実際のアーキテクチャ開発過程中で活用できる 企業アーキテクチャが企業で応用する実際の状況と結びつけ、企業アーキテクチャ実践のスキルを学び、企業アーキテクチャ計画設計の実践過程について把握する。それは業務アーキテクチャ、応用アーキテクチャ、データアーキテクチャ、技術アーキテクチャ設計の実践過程を含めており、企業アーキテクチャの中核的な内容及び開発方法について討論を行う
DevOps Master DevOpsは「開発development」と「オペレーションoperation」という二つの言葉の省略。DevOpsとは、応用とサービスのライフサイクル中でIT専門家(開発者、オペレーターとサポート者)間の提携と交流を促し、最終的に目標を実現させる。持続統合は、開発からオペレーションとサポートと簡単に切り替えることができる。持続部署は、持続的に発表し、或いはできるだけよく発表すること。持続フィードバックは、応用とサービスのライフサイクルにおける各段階中で利益関係者からのフィードバックを探すこと『鳳凰プロジェクト』、IT維持管理の伝説的なストーリー DevOpsは社員の仕事思考方式を変えた。DevOpsは仕事の多様性を重視し、企業が価値を早く実現するために構築した主観的プロセスを支持し、社会と技術変革からの影響を評価する。DevOpsは企業と個人が持続可能な仕事を続ける上での一種の思考方式と作業方式になっている
COBIT COBITを理解する。
COBITアーキテクチャ。
管理目標。
管理ガイド。
IT保証ガイド。
COBIT応用事例。
COBIT商品及びサポート。
ネット安全評価。
ケーススタディー。
COBIT Foundation認証は国際情報システム管理協会(Information Systems Audit and control Association,略称はISACA)が全世界で行う試験のこと。試験の合格者はCOBIT Foundation認証が与えられる。COBIT Foundation証書はCOBITの上級コースを参加するための必要な条件になっている。トレーニングが完了してから卒業証書が与えられ、三日目午後のCOBIT試験に合格すると、ISACA(国際情報システム審査と管理協会)より発行する世界で統一されたCOBIT Foundation専門家証書が与えられる。